油と上手に付き合ってキレイになる!話題のインカインチオイルとは!?


「油抜きダイエット」って聞くと、脂肪がなくなってダイエットに効果的なイメージですよね?それくらい、どうも油ってよいイメージがない。
でも一方で、ココナッツオイルや月見草オイルとか流行ったし、いったい油は敵?味方?わからなくなってしまいますよね。
今日は味方になってくれる油をご紹介します。

 

よく聞く「オメガ3」って何?


オイルってなにがいいの?

 

油には、その構造からオメガと呼ばれる3つの種類に分類されています。

油には、牛肉や豚肉、乳製品の脂肪に多く含まれている飽和脂肪酸と植物や魚類から抽出できる不飽和脂肪酸という大きなグループがあります。そして体にいいのは不飽和脂肪酸のほうです。この不飽和脂肪酸はさらに、オメガと呼ばれる3つの種類に分類されています。

 

オメガ3は中性脂肪を減らして、善玉コレステロールを増やしてくれる優れもの!「しそ油」、「えごま油」、などに含まれます。

オメガ6はコレステロールを下げたり、高血圧予防や、アレルギーを抑えたりしてくれるのですが、取りすぎると動脈硬化の恐れやアレルギーを促進してしまう可能性があります。「紅花油」、「コーン油」、「ごま油」など。

オメガ9は悪玉コレステロールを減らしてくれる作用があります。また熱に強く酸化しにくというのが特徴。「オリーブオイル」などがあります。

これらの油は人間が生活する上で、どれも必要ですが、現代日本人はオメガ6の油を過剰に摂取しすぎなのです(外食やお弁当、お菓子などの調味油はほとんどオメガ6)。そしてオメガ3が絶対的に足りていないそう。

 

オメガ3どうやって食べたらいいの?


炒め物

 

では、オメガ3を含む油を毎日の食事の中にどうやって取り入れたらいいのか?油といえば、炒め物ですが、酸化しやすいのでNG。とはいえ、かなーりクセのある味なので、そのまま食べるというのは、なかなか辛いというのが私の感想です。

では、どうすればいいんだー!!!!とお悩みのあなたにご紹介したいのがインカインチオイル!これは南米が原産地のグリーンナッツを絞った油なんですが、これがものすごい優れもの!なぜなら、今までは酸化しやすいという理由で火を使う料理には使えない、オメガ3でしたが、インカインチオイルは火にかけても大丈夫なのです。つまり炒め物にも使えるのです!(ただし高熱には弱いので、長時間の炒め物や揚げ物には不向き)
これでグッと毎日の料理にも取り入れやすくなりますよね。普段の油をこれにたまに変えてあげればいいのですからね。

 

便利な小分けタイプも。

さらにこんな素敵なポイントも!


さらにインカインチオイルにはこんな効果も期待されているそう。

皮膚の粘膜を強くしてくれる成分が豊富に入っているので、美肌効果も期待!
血液をサラサラにして血液循環がよくなるから、むくみの緩和できる!
脂肪の燃焼効果も高まるとも言われています!!!

個人的には、他のオメガ3の油よりも味が好み。

なので炒めものよりも、もっとダイレクトに生で摂取したり、ドレッシングとして活用するのもおすすめです。そのままで食べてもおいしい油なんて素敵ですね〜。

 

コールドプレスジュース

 

それから、今流行のコールドプレスジュースですが、脂溶性ビタミンを豊富に含んだ野菜(モロヘイヤ、ホウレン草、小松菜、ニンジン、トマト、キャベツ、ブロッコリーなど)を使ってジュースにする際には、インカインチオイルを数滴たらしてあげると、ビタミンが油にとけて体内に栄養が
入りやすくなりますよ。
使ってジュースを作るときには、インカインチオイルもいれて、油美人をめざしてみては?

 


ご意見・ご要望もお待ちしております。
リズミーのサイトからご連絡ください。

http://rizmme.com

みなさまのご意見を活かし、より良いサービスに向上を進めてまいります。
ご意見をお待ちしております。

是非アプリをお友達やご家族にもご紹介ください。

▼リズミーのダウンロードはコチラ▼

appstore

【リズミー運営チーム】

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です