インフル豆知識>何日休まなきゃダメ?


こんにちは、リズミーママです。

インフルエンザが猛威をふるってますね、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

我が家では息子がインフルA型を発症 (T_T)

インフル息子2015

 

しかも、通っている園が新年早々、学・級・閉・鎖

出社できない1週間という、ワーキングママには強烈な日々…汗。

 

働くママ友と「もうさ、忍耐しかないよね。お互い頑張ろう。」と励まし合い、私たちの長い闘病の日々が終わったのでした…。

 

今回は、まだまだ忍耐中のママへインフルと戦う豆知識をご紹介です。

 

この記事でも紹介しましたがインフルエンザって長期休みに入ると感染が減るんですよね。

▼今年のインフルは早めに終わりそう?インフルエンザの有効な予報方法と感染する人のクセ

 

そもそも東京都の感染者の年齢構成を見てみると半数以上が14歳未満だっていうし。

 

息子の通う園が新年早々に学級閉鎖にも納得ではあるのです。

保育園なんて、特にね(汗)。

 

そんなインフルエンザでの学校等への出席規制、そもそも何で定められてるのでしょう?

それにママのみなさん、正しいカウント方法をご存知ですか?

 

 

実は私、ぼんやりと「発熱から5日」とか「解熱後3日」って記憶していたのですが、数え方を間違えて残念な思いをしました。

 

では、改めてお勉強しましょう!

 

まずはこのお休みの規制、正しくは「出席停止の期間の基準と言われています。

 

これは文部科学省「学校保健安全法施行規則」で定められてます。

 

■ 出席停止期間:インフルエンザの場合は発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで。

 

(参考:インフルエンザの症状とは )

 

 

なんて読んだからって単純に「5日後から行ける!」って思ったら大間違いですよ。

 

残念な間違いをした私の場合、発熱5日後の解熱翌日、登園許可をもらいに行った小児科医に「昨日解熱なら、昨日が0日目であと3日間はお外で遊ばないでね!」と言われて、驚愕。

 

発熱から5日目、寝るのに飽きた息子。

寝不足な看病疲れのママ。

二人で3日間の外遊び禁止令にガッカリ

病院で激しく「しょぼーん」ですよ。

 

そんな勘違いが無いように、改めて正しい出席停止期間の数え方をお勉強しましょう。

 

▼詳しくは文部科学省のサイトで紹介されています。

文部科学省インフルエンザ出席停止期間

(引用元:文部科学省

 

■インフルエンザの登園許可(出席停止期間)の数え方
 
【ステップ1】
 
まずは高熱が出てから何日目かを数えてみましょう。この時に注意するのは、高熱がでた翌日を1日目と数えます。5日経過しなくては、そもそも登園(出席)できません。

【ステップ2】

次に解熱して何日経過したかを数えます。解熱した日は0とし、翌日を1日目として何日経過したかを数えます。幼児は3日、それ以外は2日経過後に登園(出席)できます。

 

そう、子供がインフルエンザになったら、両親は1週間以上は外出禁止と心構えするのが無難です。最初から諦めていたら、早く完治する分には嬉しいだけだしね。

 

法律で休めるんだから、子供の頃は「連休だー♪」って、うきうきだったのになー。

ママになってみたら、こんなに大変だったなんて(汗

 

 

 

そんなわけで、インフルエンザのシーズン前に予防接種を心がけている人も多いかもしれません。

 

予防接種については、いろいろなことが言われています。

本当はどっちなんだ?

 

そもそもインフルエンザはAとかBとか流行の種類もあるし。

早めに摂取しないと抗体できなし、本当に悩ましいです。

 

そんな予防接種に関しても厚生労働省のインフルエンザQ&Aページで、いろいろな情報が掲載されているんですよ。

 

見たことはありますか?

 

ここに報告があるようにごく少量とはいえ予防接種には副反応報告があり、死亡例があるのも事実ではあるのですよね。平成24年は赤ちゃんの死亡例もあったようだし。

 

子供のための予防注射で何が起きるか…。これは予防接種だけが原因ではないかもしれないし、何が最善かなんてデータを見たって、素人にはわかりません。考え方が様々ですしね。

 

家族の健康を守るママとしては、しっかり情報を収集&比較して、我が家の方針をきめたいと思います。

 

医療情報を全く知らないことで後々苦しむのも嫌だし、変に過敏になりすぎるのも疲弊しちゃうし、正しい判断ができなくなる気がしています。家族の命を守るために、情報を正しく見極めて、自分たちに必要な範囲で取り入れ、家族で方針を決めておく。

最終的には家族の体質を理解して我が家の医療知識を蓄えていけたら良いですよね。

 

様々な情報が溢れる時代なので、フィルターを管理するのも難しい。それでも、家族や親族のケアも見据えて、自分なりに勉強を続けていきたいです。

 

ほんと、難しいけどー!!!

 

まずは、少しでも情報を仕入れようと意識をするのは大事ですよね。

 


 

さらに、余談ですが。

リズミーの体調予報によると息子がインフルを発症した時期が見事に体調がよくない時期だったんですよね…。ここでも、体調予報が的中しました。

 

年末年始の帰省旅行前は、発病しないようにすごく気をつけていたんだけど、新年始まってから気にしていなかったので、反省。

 

体調予報が低調な時期が続くときって、病気にもかかりやすい気がしています。

いかがでしょうか?

 

▼予報が右側2つのマーク日ですね。

体調予報アイコン

 

今後も、ご家族の健康管理のためにママに役立つ情報も配信していきたいと思っています。

ご感想やご意見をお聞かせください。


ご意見・ご要望もお待ちしております。
リズミーのサイトからご連絡ください。

http://rizmme.com

みなさまのご意見を活かし、より良いサービスに向上を進めてまいります。
ご意見をお待ちしております。

是非アプリをお友達やご家族にもご紹介ください。

▼リズミーのダウンロードはコチラ▼

appstore

【リズミー運営チーム】

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です